川崎市の歯科医院|川崎大師東門前・大師公園そばの高松歯科医院 > 治療メニュー > 入れ歯治療

入れ歯治療・調整

入れ歯の種類も様々

入れ歯は、人工歯の違い(レジンプラスチックやセラミック、メタルなど)、歯茎部分である床の作り方や材料の違いなどによってその種類は様々です。また、保険適用のものから耐久性や審美性のある保険外の自費診療のものまで種々様々あります。当院では、そのどちらの種類の入れ歯(義歯)にも対応しています。
患者さんによって、ご要望やお悩みも様々ですので、お話しを良くお聞きした上で、種類によってのメリット・デメリットを丁寧にご説明します。入れ歯を検討されている方、現在の入れ歯に違和感を感じている方、お気軽にご相談ください。

入れ歯治療の流れ

1.初診【カウンセリング・検査・診断・お見積もり・ご説明】
2.入れ歯作製
3.噛み合わせの確認・微調整
4.完成~定期健診

部分入れ歯

1本~数本まで対応することができ、残っている歯が1本でも作製可能です。自分の歯の代わりとなる人工歯と、粘膜の上に乗る歯茎と似た色の床、これらを残っている歯に固定するためのクラスプ(留め具)から構成されています。

保険適用では樹脂の人工歯および床と金属のクラスプの部分入れ歯になりますが、保険外では白いクラスプを使用した部分入れ歯や金具を使わない部分入れ歯もお選びいただけます。(自費料金表

 

総入れ歯

すべての歯を失った場合に行う治療法です。自分の歯の代わりとなる人工歯と、粘膜の上に乗る歯茎と似た色の床から構成されています。総入れ歯と粘膜の吸着力で維持させます。

保険適用では樹脂の人工歯および床しか使用できませんが、保険外ではセラミックの人工歯や金属床など患者さまのご要望に合わせた素材の使用が可能です。(自費料金表

 

 

アフターフォローも万全

その後の微調整など必ず必要になってきます。アフターフォローも責任を持って対応させていただきますので、ご安心ください。